観光・プレイスポット

【久喜市菖蒲】明治創業 野口鍛冶店 -信条は「いいもの、本物をお客さんに提供」

久喜市菖蒲町にある野口鍛冶店が、2019年5月5日発行の農時新聞「老舗&話題のお店探訪問」で紹介されました。

記事の中身を下記にて転載いたします。

農時新聞2019年5月5日付記事より
写真提供:農時新聞

信条は「いいもの、本物をお客さんに提供」

創業明治20年(1887年)久喜市菖蒲「野口鍛冶店」

野口鍛冶店の創業は明治20(1887)年というから130年超の歴史がある。
4代目の当主・野口廣男氏(70)によると創業者鶴蔵氏は上尾から菖蒲町にやってきた。
商いで大事にしているモットーは「いいもの、本物をお客さんに提供する」。
これをひとえに、頑なに守ってきたからこそ今日があると目を細める。

鍛冶屋には「農鍛冶」「刀鍛冶」「鋸鍛冶」の3分野があるが、野口鍛冶店は「農鍛冶」。
鎌・鍬・鋏と言った農具から包丁、芝刈機、リヤカーまで農家必須アイテム約100種類を扱う専門店だ。
中でも「さすが野口鍛冶店」と言わしめた商品が
「野口式万能鎌」
「野口式二段鋏(ナス採り鋏)」
「野口式フィンガー採集ナイフ(キュウリ採りナイフ)」
「野口式ハンドナイフ(梨採りナイフ)」
「野口式かぼちゃスパッター」
と呼ばれる独自開発商品だ。

特徴は1つあれば何役もこなせる万能さにある。
考案者は廣男さんの父・孝一さんであったり、親子共同であったり、廣男さん単独のものがあるが、いずれの商品とも使う側に寄り添って、より便利さ追求した点が共通している。

100年超の歴史がある老舗店だけにお客さんを大切にしている点も特筆だ。
「買っていただいた商品はなるべく長く使っていただきたい」と修理に応じる姿勢を貫く。

とにかく同店は刃物類のワンダーランドだ。店内を見るだけでも何か新しい発見がある。

アクセス

野口鍛冶店(のぐちかじてん)
住所:久喜市菖蒲町三箇760-1
電話:0480-85-0422
HP:http://www.noguchi-kajiten.co.jp

農時新聞とは


農時新聞は、農業生産法人 誠農社が発行する フリーペーパーです。
地域の振興と活性化を目的に、毎号、久喜・加須を中心に地域の話題が掲載されています。
商品広告が非常に少ない点が特徴で、最新号の5月号では小中学校・ゴミ処理施設に関する情報が1面に掲載されるほか、2面以降も地元に密着した地域の情報が揃います。4面には読者投稿の和歌コーナーやプレゼントも充実。

久喜・加須市民だけでなく、他都県から引っ越しを考えているかたにとっても良い情報元になりそう。

最新号(2019年5月5日発行号)およびバックナンバーは、発行元:誠農社のサイトでご覧いただけます。
http://www.seinousha.com/news-catalog/6320/