暮らし

【久喜市】就任1年目の梅田久喜市長 「交際費」30万円削減

2018年4月の市長選で初当選した 梅田修一・久喜市長の交際費について、2019年8月1日発行の農時新聞2面で掲載されました。

記事の中身を下記にて転載いたします。

農時新聞2019年8月1日付記事より
写真提供:農時新聞

就任1年目の梅田久喜市長 「交際費」30万円削減

昨年4月の久喜市長選挙で初当選した梅田修一・久喜市長の「2018年度市長交際費」が前年度より30万7750円削減したことが分かった。埼玉県内の40自治体(川口市は非公開)のうち、昨年度減額した22市中、最高の削減額となった。6月議会で猪股和雄議員の質問に中村貴子総務部長が答弁した。支出総額は128万9850円で、これも県内8位となり前年度3位から下がった。

節約は会合に市長が参加する際、挨拶のみで退席したり、支出費用の一部を見直した結果と説明した。支出128万9850円の半分67万7150円は各種会合の会費。また4割57万8300円は慶祝・弔事費。猪股議員は「きつい努力をしてもらったと思う」と評価しながらも更なる削減を求めた。近隣の「市長交際費」は春日部市=164万円強、熊谷市=159万円強。加須市=124万円強。

農時新聞とは


農時新聞は、農業生産法人 誠農社が発行する フリーペーパーです。
地域の振興と活性化を目的に、毎号、久喜・加須を中心に地域の話題が掲載されています。
商品広告が非常に少ない点が特徴で、最新号の8月号では合併10年を迎えての記念行事や「今昔」調査について1面で掲載されました。2面以降も地元に密着した地域の情報が揃います。4面には読者投稿の和歌コーナーやプレゼントも充実。

久喜・加須市民だけでなく、他都県から引っ越しを考えているかたにとっても良い情報元になりそう。

最新号(2019年8月1日発行号)およびバックナンバーは、発行元:誠農社のサイトでご覧いただけます。
http://www.seinousha.com/news-catalog/6464/