住まい

キッチンのレイアウト!?

ショールームに行くといくつものキッチンが実際に並んでいます。
サイズや形 大きさ 高さなどたくさんのバリエーションがあります。
この中から実際にどのように決めればいいのでしょうか。

I型キッチンの特徴

I 型キッチン

・一列にシンクと加熱機器・調理スペースが並んだレイアウトのキッチンです。
・ 冷蔵庫の位置や食器棚の位置で使い勝手が異なります。
・キッチンのサイズが使い勝手に大きく影響します。全体の長さが長すぎると疲れやすくなります。
・壁付けのキッチンだけでなく、壁を作って対面キッチンにすることもできます。
・キッチンの広さや大きさにかかわらず、最も一般的なキッチンです。

L型キッチンの特徴

L型キッチン

・L字型にシンクと調理スペース、加熱機器を配置したレイアウトのキッチンです。
・L型キッチンはキッチンの動線が理想とされる三角形になるので、使いやすいといわれています。
・コーナー部分の奥行きが深くなるので収納が使いづらくなります。

U型キッチンの特徴

U 型キッチン

・U字型にシンクと調理スペース、加熱機器を配置したレイアウトのキッチンです。
・ワークトップの面積が大きくなります。動線が短く、作業がしやすい。
・キャビネットやワークトップなどが広いためキッチン自体の価格は高くなります。
・I型に比べてキッチンスペースが必要です。
・コーナー部分が2か所になるので収納スペースの工夫が必要です。

II型キッチンの特徴

Ⅱ型キッチン

・シンクと調理機器を分けて2列に配置したキッチンです。
・水回りと加熱スペースを分けて広く使えるキッチンです。
・I型に比べて動線が短く、作業がしやすくなります。シンクとコンロの位置が同じ位置にならないようにする方が使いやすいでしょう。
・数人で使う際には特に2つのカウンターンの幅が狭いと使いにくいので、ショールームでしっかりと幅を確認すると良いでしょう。
・対面キッチンやカウンターキッチンなどによく使われます。

アイランド型キッチンの特徴

アイランド型キッチン

・アイランドキッチンはキッチン全部または一部が島のように独立して設置されているキッチンです。
・シンクのみの場合やシンクやヒーター部分もアイランドになっている場合があります。
・カウンターを広げてキッチンとテーブルとして使うようにしたものもあります。
・バリエーションがいろいろあります。
・どちらの方向からもアクセスできるので、動きやすいキッチンといえます。
・アイランドに調理機器を置く場合はレンジフードの位置や油汚れに注意が必要です。

ペニンシュラ型キッチンの特徴

ペニンシュラ型キッチン

・キッチンの一方が壁についているタイプのキッチンです。
・ペニンシュラというのは半島という意味です。
・最近の対面型キッチンで多く使われている形です。
・壁側にコンロを持ってくるのが一般的です。
・アイランド型に比べるとレンジフードが取り付けやすく、油汚れも少なくすることができます。
・片方に壁があるので、アイランドキッチンに比べると動線は長くなりやすくなります。
・バックカウンターとの間隔も使いやすさに影響します。

さいごに

簡単な特徴を書きましたがやはり実物をみて自宅に配置が可能なのか確認する必要もあります。
まずはショールームにお出かけしてみませんか?

ちなみに久喜周辺にもキッチンのショールームがかなりあります。
たとえば加須や春日部方面ではタカラスタンダードショールーム。
大宮方面ならLIXILショールームさいたま・パナソニックリビング ショウルームさいたま・トクラスショールームさいたま、TOTO大宮ショールーム。 
最近できたモラージュ菖蒲のモデルハウスエリアを、ショールームがわりに見学してみるのもいいですね。(2020年2月時点の情報です)

時間がなくて忙しい方は、久喜駅東口のフジハウジングへ!
リフォーム・建築のご相談時には、各社のパンフや間取りプランを、ご予算と生活スタイルに合わせてご提案します。プロ目線の提案力を活用すれば、間違いのない大満足のキッチンを効率よく見つけましょう。

以上、くらしる久喜 編集部でした。